【ダウンロードカード用】GoとAWS CDKで作る本格SlackBot入門

【ダウンロードカード用】GoとAWS CDKで作る本格SlackBot入門

【ダウンロードカード用】GoとAWS CDKで作る本格SlackBot入門 こちらは既にダウンロードカードをお持ちの方向けのファイルです。 ダウンロード後、ダウンロードカードに記載されているパスワードでZIPファイルを解凍してください。 スマートフォンでのzip解凍には対応しておりません。ご了承ください。 解凍がうまくいかない場合は、ダウンロードカードをお持ちであることが確認でき次第、お客様のE-mail当てにpdfを送らさせていただきますので、boothかダウンロードカード記載のTwitterアカウント @fukubaka0825 までご連絡ください。 パスワードをご存じでなければ、このZIPファイルをダウンロードしても電子書籍(PDF)を読むことは出来ませんのでご注意ください。 ▼ダウンロードカードは持っていない!これから買いたい!という方はこちらで購入できます  ▽ダウンロード版   https://fukubaka.booth.pm/items/1569932 == 9/25 修正 == ・第2章の 「CDK Toolkit Stack を AWS 環境にデプロイ」 の項を2.2.7に修正(依存moduleをinstallの項目の後へ)及び 誤字を修正 ・はじめに 「AWSリソースを扱う上での注意事項」の項を、以下の内容で追加 「本書で扱う第2章以降のアプリケーション構築では、有料のAWSサービスを使用します。(特に第2章で構築するStackに含まれるNat Gatewayは非常にコストが高いので気をつけてください)かかるコストを懸念される方は、リソース構築もしくは章終了ごとにリソースの削除を行い、4章にてアプリケーションが完成したのちに、全てのリソースを立ち上げ直すことを推奨します。」

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

【ダウンロードカード用】GoとAWS CDKで作る本格SlackBot入門 こちらは既にダウンロードカードをお持ちの方向けのファイルです。 ダウンロード後、ダウンロードカードに記載されているパスワードでZIPファイルを解凍してください。 スマートフォンでのzip解凍には対応しておりません。ご了承ください。 解凍がうまくいかない場合は、ダウンロードカードをお持ちであることが確認でき次第、お客様のE-mail当てにpdfを送らさせていただきますので、boothかダウンロードカード記載のTwitterアカウント @fukubaka0825 までご連絡ください。 パスワードをご存じでなければ、このZIPファイルをダウンロードしても電子書籍(PDF)を読むことは出来ませんのでご注意ください。 ▼ダウンロードカードは持っていない!これから買いたい!という方はこちらで購入できます  ▽ダウンロード版   https://fukubaka.booth.pm/items/1569932 == 9/25 修正 == ・第2章の 「CDK Toolkit Stack を AWS 環境にデプロイ」 の項を2.2.7に修正(依存moduleをinstallの項目の後へ)及び 誤字を修正 ・はじめに 「AWSリソースを扱う上での注意事項」の項を、以下の内容で追加 「本書で扱う第2章以降のアプリケーション構築では、有料のAWSサービスを使用します。(特に第2章で構築するStackに含まれるNat Gatewayは非常にコストが高いので気をつけてください)かかるコストを懸念される方は、リソース構築もしくは章終了ごとにリソースの削除を行い、4章にてアプリケーションが完成したのちに、全てのリソースを立ち上げ直すことを推奨します。」